Event is FINISHED

アマゾンの原種カカオで作るBean to Barチョコレートワークショップ

Description



アマゾンでアグロフォレストリーを支援しているクルミン・ジャポンとFabCafeがアマゾンで穫れる希少な原種カカオを使ったBean to Barチョコレートを作るワークショップを開催します。



ワークショップでは、チョコレートの作り方はもちろん、カカオの比率の異なるチョコレートを数種類つくり、味わいの違いを楽しんでいただけます。



また、原種のカカオにちなみ、一緒に楽しんでいただくコーヒーも、コーヒーの原種で最高品種、ゲイシャ種をご用意。 ゲイシャ種はもともとエチオピアの野生品種で栽培が難しく、ほとんどが姿を消し、現在では非常に貴重な品種となっています。まるで花や香水の様な、大変豊かな香りが特徴です。
このワークショップでしか楽しめない組み合わせをお楽しみください。



その他にもクルミン・ジャポンの活動を通じてアグロフォレストリーをご紹介。カカオってどうやって作られるの?ブラジルって実際はどんな国?などなど、カカオを通じてアグロフォレストリーを知っていただきます。



またFabCafeならではのお楽しみ!最近導入したチョコレートプリンターをご紹介。食とテクノロジーの新しい体験をお楽しみください。

<タイムテーブル>

14:45 開場
15:00 ワークショップスタート
15:00 - 15:20 概要説明
15:20 - 16:20 チョコ作り 5グループ(カカオのパーセンテージの違い)
16:20 - 16:35 チョコレートプリンター紹介 16:35 - 16:50 スペシャルティーコーヒーのご紹介
16:50 - 17:30 チョコレートとコーヒーを楽しみながらアグロフォレストリーを学ぼう

<チョコレートづくり講師>



武田 真由子 (東京大学大学院 新領域創成科学研究科 / クルミン・ジャポン)

アジア・アフリカ等で開発・環境プロジェクトに関わる中で、社会・経済・環境的に持続可能な仕組み作りへの関心を高める。2011年にたまたま訪れたブラジルに惚れ込み、毎年通ううちにクルミン・ジャポンのスタッフとなりアマゾンにおけるアグロフォレストリー(森林生態系を生かして、多様な農作物を栽培する農法。)普及プロジェクトに関わるようになる。現在は、アマゾンに通いながら大学院にて、アグロフォレストリーの経済影響に関する研究も行っている。

アマゾンはカカオの原産地です。農薬や肥料を使わず、アマゾン大自然のみで育てられた野生種のカカオを味わいながら、カカオが生まれる地や人々のことを少し知ってもらえたら嬉しいです。


Event Timeline
Sun Nov 6, 2016
3:00 PM - 5:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
FabCafe Tokyo
Tickets
ワークショップ ¥3,500
Venue Address
東京都渋谷区 道玄坂 1-22-7道玄坂ピア1F Japan
Organizer
FabCafe
703 Followers